神戸での永代供養・納骨堂なら最寄駅から近く駐車場も完備の金剛福寺。

高野山真言宗 四恩山 金剛福寺

いにしえの昔、平清盛によって一時都をおかれた港都神戸。明治以降は世界に開かれた貿易港を中心に近代産業都市として発展してまいりました。その明るく開放的な町並みの中でも灘・王子公園周辺は閑静な文教地区です。
 この地に大正年間からの歴史を刻み、弘法大師信仰の拠点として、また 檀信徒おひとりお一人の心の拠り所 として法灯を掲げてきた金剛福寺です。
最寄駅から近く、駐車場も完備。
エレベーターが設置されバリアフリーでお参りしやすくなった本堂・永代供養納骨堂、多目的に使用できる会館(四恩堂)など都市寺院に求められる諸設備が充実しております。



変革期のこの時代にあって、金剛福寺は釈尊の御教えを羅針盤に、弘法大師のご誓願を道しるべに「金剛福」(決して壊れることのない幸せ)を尋ね続ける“心の道場”で常にありたいと願っております。


金剛福寺住職 高見寛信


先月の行事 今月の行事 来月の行事
令和3年元旦 修正会(昨年の除夜鐘後)

・1月9日 般若講新年会 午前10時

・1月10日 光明講新年会 午前8時
三密を避けながら行われました。


・2月2日 節分会

・2月の光明講・般若講は緊急事態宣言発令中の為休講します。
(2021/2/1更新)



 

納骨堂(永代供養 )は
随時受け付けております
・3月7日 光明講 午後8時

・3月13日 般若講 午前10時 

・3月20日 春彼岸法要
本堂での密集を緩和するため、午前の部(午前11時~)、午後の部(午後2時~)に分散して2座制で勤めます。夫々ご都合の良い時間帯にご参詣頂ければ有り難いと存じます。

メールでの お問い合わせは info@kongofukuji.or.jpまでお願いいたします。
お急ぎの方は下記まで電話・ファックスでお願いいたします。

ページの先頭に戻る